コントロール

鬱病のサイン 自分自身と家族を守ろう

鬱病の症状とは?

主な症状としては、気分が落ち込んだり不安でしょうがない、寝つきが悪い眠れない食欲がない意欲が湧かない集中力が落ちる仕事の効率が悪くなりミスが増える、酷い場合には死にたい気持ちが高まったり、自傷行為に及ぶこともあります。

鬱病症状は心と体の症状が現れる

心の症状

・不安・焦り

・遠くへ行きたい・消えてしまいたい

・興味・喜びの喪失

・自分を責める

・会話や本などの内容が頭に入ってこない

 

体の症状

・睡眠障害

・食欲の減退

・疲労感・倦怠感

・動悸・息苦しさ・口が乾く

・鬱病に伴う身体の痛み

↑上記のような症状が2週間以上続いているようであれば「鬱病」を発症している恐れがあります。

「いつもより良く眠れないなぁ」「気分がしずむなぁ」「いままで楽しかったことが楽しくない」そんな風に感じたら、症状は人それぞれ違いますが、

「疲れているのだろ」「気のせいだろう」と思い込まず、鬱病のサインを見逃さないようにしてください。

このサインによって早期治療へ足がかりとなり、そのことが回復を早めるききっかけになり得るでしょう。

~大切な人が心の不調になったら~

周囲に辛いと悩んでいる方はいませんか?

大切な人そのつらい症状のために、生活が送れなくなったり、会社に行けなくなってはいませんか?

心の症状は本人が元気に振る舞い周囲には見えないことがあります。一方で体の不調は本人が自覚しやすく病気であることを自覚しやすい傾向にあります。

もしも、パートナーに鬱を疑われる症状がみられたら、早めに受診するよう勧めてあげるのが良いでしょう。

心の症状と体の症状をよくかんさつして、鬱病のサインに気づてあげてください。

鬱病はエネルギー切れサインです!

鬱病は生活のエネルギーが枯渇した状態です。

いわばガソリン切れの自動車みたいな状態です。

しんどくなるのも、気力がないのもガソリンが枯渇したため、そのような状態に陥っているのです。

ですので、本人が怠けているわけでも、弱虫になったわけでもないのです。

このような状態であることを理解して、本人の話を聞いてあげてください。

うつ病に対して世間の理解はまだ十分とは言えませんが、鬱病を周囲に隠すことで、周囲の人に「やる気がない」「怠けている」と非難されてしまうことがあります。また 周囲の目を気にすることでストレスが余計に溜まることも考えられます。

家族はもちろん、職場の同僚や友人などには出来るだけ話しておくことで、スムーズなサポートを受けることが出来る足がかりとなります。

~楽しみの時間を作ることは大切なこと~

鬱病を患っている方の多くは、楽しんだり、休むこと時間を作ることに罪悪感を覚える人が多くいます。

それは、自分は価値のない人間だからとか、自分はダメな人間だからと、自責の念からそのような考えになりがちです。

人生を楽しむことが悪いことをしていることには絶対なり得ません。

価値のない人間などいません。ダメな人間もいないのです。

症状が良くないうちは、楽しむ余裕などないと思いますが、出来事をノートなどに書くことで、心が沈んだ時に読み返せたら自信にも繋がってゆきます。

家族の疲弊

鬱病が長引くと、ご家族様のの心理的な負担も大きくなり、家族まで心身共に疲れ果ててしまうこともあります。

そうならないためにも鬱病のことをよく知り、上手に付き合うコツも大切です。

ご家族は何とか良くなって欲しいと声を掛けますが、期待するような反応が見られず、長引くことでサポートを諦めてしまったり、家族のほうが心のバランスを崩してしまうこともあります。

鬱病になった家族を何とか良くしたいお気持ちは理解できます。が、しかし、ご家族様が心のバランスを崩したら共倒れになってしまいます。

ご家族だけで抱え込まず、医師や病院などに相談しましょう。

外部に相談することで肩の荷が軽くなります。

鬱の方も大切です。それをサポートする家族の存在があって、初めて病気は良くなっていくのだと思います。

地域社会はあなたの強い味方です!

是非!頼ってみてください!!