書籍

「言葉にできる」は武器になる  内なる言葉を鍛える

「言葉にできる」は武器になる 内なる言葉を鍛える

普段から忙しいサラリーマンの人でも

短い時間で効率的に学ぶことができるように書いています。

内容を分かり易く書いているので 今日から実践していただくことが良いのではないかと思います。

『言葉にできるは武器になる』

私が今回紹介する本は「言葉にできるは武器になる」です。

梅田聰さんの本をまとめていきたいと思います。

よく聞いたことのある言葉だと思いますが

バイトをするならタウンワーク

世界はだれかのしごとで出来ている 等のキャッチフレーズを考えた方です。

 

この本は 伝え方のノウハウ本ではなく それ以前に自分の中にある言葉を 日常の中でみつめて 育てゆくというものです。

皆さんは

言葉とはどのようなものと理解していますか?

言葉はもともと意見を伝える道具として存在しています。

相手を説得させることも出来るし、納得させることだってできます。

『言葉の伝え方』

その言葉を上手に使えれるようになるにはどうしたらよいと思いますか?

実は

そのためには段階のプロセスが必要です。

第1のプロセスとして

自分の中にある意見を言葉に変換してゆくように習慣化してゆく事です。

第2のプロセスは

自分の内側にある考えを常に見つめ 思ったことを必ず言葉に変換してゆくことです。

 

なぜなら

人は実際考えていないことについては口にすることも出来ないし、不意を突かれた時に上手く話せないのです。

このような状態は 自分の意見を自分の中で上手く咀嚼出来ていない状態といえるでしょう。

自分の意見や考えを上手に伝えることができれば、相手との理解を深め より関係性を高めることが出きるでしょう。

この本は

伝え方のノウハウ本ではなく それ以前に自分の中にある内なる言葉をきたえてゆくことが

1番大事だということが書かれています。

自分も読み進めるにつれ 確かにそうだなーと感じる部分が多い本でした。

内なる言葉とは

内なる言葉を鍛えることがなぜ重要なのかということです。

内なる言葉を日頃から鍛えていることで 頭の中に伝えたい言葉が多く存在し伝えやすくなるからです。

伝え方をいくら学んだとしても 自分の意見や考えを言葉に変換する練習をしいなければ

自分の意見自体が育っていない状態では いくら伝え方を学んでも人には伝わらないということになってゆきます。

例えば感動した話を人に伝えるときの自分を思い出してみてください。

 

人が感動するということは 言葉が上手いとか 説明が分かり易いとかは重要な要因ではあると思いますが、

ひと言ひと言に重みを感じ

その人がいかに本気で考えているかということを感じることで 周囲を感動させることが出きるのです。

つまり

人に伝える言葉(外に向かう言葉)の上手さが 相手に伝わるために重要ではなく、その人が考えていること、自分の中から生み出された言葉(内なる言葉)が重要って事なんです!

今日から内なる言葉に耳を傾け 心を傾け 言葉を生みだす練習を繰り返ししてゆけば

伝えたい言葉即座に言える自分になってゆけるのです。

自分の内なる言葉を認識して鍛えれば鍛えるほど 思いは強くなり自然と相手に伝わりやすくなるんですね。

自分の考えを自分が理解する

私は自分の考えを紙に書きだすようにしているのですが、書き出すことで随分自分の考えが

ハッキリと見えてくるようになりました。

その書き方は 『どうしてそのような考えになったのか』

『何をされて 何を感じたからか』

『なにを どうしたかったか』

『何を 同のようにすれば良かったと思っているのか』

『今回後どのようにしてゆきたいのか』

これを繰り返しているうちに随分自分の考えが 頭の中で整理され 感情も整理されるようになってきました。

言葉を鍛えることは 自分自身を見つめ 自分自身を受け入れることに繋がり 感情に支配された状態のまま人と話すことがなくなるので 言葉を選ぶことが必然的に上手になってゆくことにつながるのです。

頭の中の内なる言葉を書き出して

思考の癖や考えがちな自分の方向を まず自分が理解してゆくことは 内なる言葉を伝えるうえで非常に重要なものと言えるだろうと 私は考えます。

なかなか相手に自分の意見が伝わらなくて もどかしい思いをされた方も多いのではないでしょうか?

言葉の持つ力を 自分自身で鍛えるということ

今回のこの『言葉を鍛える』を実践してゆけば 人と人との言葉のやり取りや関係性もスムーズになるのではないでしょうか?

 

なぜ、言葉を鍛える必要があるのかという話してきました。

皆さも是非

この本を読んでみてください。

皆さんにとって役立つことができて かつ 学びとなる内容でお伝えしてゆきたいと思っております。

これからも有益な情報をお届け紹介てゆきます。

それでは また 次回のブログでお会いしましょう。