コントロール

”気にいられようとする努力” と ”ストレス”

めてほしい自分

「自分を認めてほしい」という欲求は親にも子にも、大人も子供もある欲求で、誰もがそれを常に望んでいるのである。

『認めてほしい』と、生きることに疲れた人は、人に認めてもらおうと無理をして頑張りすぎているので、少しづつストレスという形で自分自身に蓄積していくのである。

人は、周囲の人から『認めてもらいたい』という欲求の強さで生き方を間違えていくのである。たとえそれが間違えた生き方であったとしても、自分に関心が向くことが第一優先なのである。

「認めてもらいたい」という欲求は、幼児期に愛されなかった人間には想像を絶するほど強いものがある。普通の子供でも、何よりも望んでいるのは「思いやり」ではない。自分のしたことを「認めて」ほしいのである。

優しさという名の承認欲求

子供が母親に、「お母さん、荷物が重いでしょ。一緒にお使いに行ってあげる」と言ったとする。

母親は子供が遊びたいのに、お使いに連れて行くのはかわいそうだと思って、「いいわよ、お母さん一人で行くから」と言った。ところが子供は不愉快そうな顔をした。母親は子供が遊びたいだろうと思って、「いいわよ、お母さん一人で行くから」と言ったのである。それなのに子供はふてくされた。母親はとまどった。子供は母親の役に立ち、認められたかったのである。お使いに行って、母親から、「助かったわー」と言ってもらいたかった。そういう感謝の言葉を言ってもらえることが嬉しいのだ。

子供は、「お使いに行ってあげる」という自分の気持ちを感謝してもらいたかった。ところが母親は「自分一人でいい」と言った。子供は役に立つ機会を失った上に、母親から感謝をしてもらえないし、お使いに行くことで「認めてもらおう」としたが、それもできなくなった。子供が面白くない顔をするのは当たり前なのである。

子供は親に何かをしてもらうことはたしかに嬉しい。保護を求めているし、世話をしてもらいたい。しかし、それ以上に求めているものが「自分のしたことを認めてほしい」ということである。

大人も、この子供と同様、仕事を頑張ったことを誰よりも認めてもらいたいし、誰からも認めてもらいたいのです。『自分は役に立てる重要な人間なんだ』と周囲に言わしめたいのである。

人間は他者の存在を借りて初めて自分を認める

これは人間の根幹を支えるものでもあると同時に、最も大きなストレスになり得る欲求なのである。

我々も自分が「役に立っている」と感じる時には気分が好調であるという。

子供は自分のしたことを「わー、すごい」と認めてほしい時に、認めてくれないと悔しい。面白くない。不愉快である。相手を憎む。投げた石が木に命中した時に「わー、すごい」と認めてほしい。

大人も子供も根本的な欲求は同じである。

子供も大人も、何をしてもらっても親誰かが「認めて」くれなければ不満なのである。

大人だって認められたい! 子供ばかりではない。大人だって認めてほしい。この「認めてほしい」という気持ちをくみとり損なうから人間関係がうまくいかないのである。

 

子供でも大人でも、「すごいねー」と誉めてもらうために、あることを話題にてくるということは意外に多い。自分のしたこと、あるいは自分の立場を絶対的に理解してもらいたいからである。

社会の中の自分と努力

夫は家で会社のことを話題に出す。たとえば部下のできの悪さを話題に出す。それはそのできの悪い部下に耐えている「オレはすごいだろー」という意味である。夫は妻に誉めてもらいたいのである。

たとえば夫が同僚について「押しが弱い、何事も事なかれ主義で、はっきりと物事を言わない」と言ったとする。そこで妻が「ハッキリと、あなたのこういうところが嫌いだとなぜ言えないの」と具体的な解決策を言ったとする。

ところが夫の求めているのは解決策ではない。妻の「あなた、会社で大変なのね」というねぎらいの言葉である。それを妻が単に「できの悪い部下の話題」「優柔不断な同僚の話題」として扱うから夫は不愉快になるのである。

夫は妻に具体的な提案が聞きたくて話しているわけではなく、ただただ労って認めて貰いたいだけなのである。

人間とは、認められるために心血を注いでいると言っても過言ではないだろう。